Archive for January, 2006

Rethinking Reality PART I

January 31, 2006

That on-line personality test has confirmed what everyone around me has known all along, and what I had feared all along:

I have absolutely no real sense of reality.

I live in a dream-like world fit for five-year olds. I thrive on happenstance and pure good fortune. (Fortune tellers have always told me I was born under a mighty lucky star.) My decisions are devoid of objective reality. I am a totally uncool, spoiled, friggin’ child going on 29!

To remedy this, I will hereby examine my current (mis)understanding of “reality,” analyze where I might be (dead) wrong, and propose concrete measures to bring myself to a more objective understanding of reality.

First, consider TIME.

A typical weekday: Hina spends 7.5 hours at her day job and then dawdles for as much as 1.5 hours more, wasting precious time that she can otherwise use to read or write. She spends another 2.5 hours commuting to and from work. She loves to fall asleep on trains and buses. She also loves to fall asleep in the bathtub and takes baths twice a day: another good 2 hours down the drain. Tuesdays she takes saxophone lessons for an hour. Saturdays she teaches English for an hour. 2 hours eating/talking on the phone/watching TV, plus 2 more hours blogging and surfing, leaves a total of merely 6 hours between sleeping and writing — which doesn’t exactly spell out diligence for a writer aspiring towards authorhood.

No wonder I’m not getting anywhere with my writings! I don’t write because I don’t even try hard enough to make time to write!

What to do?

  1. Unless someone’s dear life depended on it, leave the day job as soon as the clock strikes 16:00. Seriously, no one needs me at the office as much as I would like to think.

  2. READ while commuting.

  3. WRITE instead of complaining about stupid TV shows.

  4. Realize that time is precious. Every second wasted is a life less satisfying.

Really, I should have asked these questions 20 years ago.

But as Amnesty International’s Secretary General Irene Khan puts it, if we ask the right questions we’ll get to the right solutions. For objective-minded individuals, anyway.

Best Gwynnie movie ever!

January 30, 2006

A theatrical adaptation of “Proof,” written by David Auburn and performed at the Trinity Repertory in Providence, remained one of the most memorable stages Kaoru and I had seen together in the U.S.

So heading out to Yurakucho for the movie adaptation of “Proof,” directed by John Madden and starring Gwynnie, was naturally a wonderful way to spend a Sunday afternoon — and we both loved it!

Gwyneth Paltrow as Catherine was sensitive and brilliantly low key. So much depends upon a subtly arched back, neatly gathered knees with canvas sneakers.

Hope Davis turned in a stinging performance as the intolerable older sister of Catherine’s. I love it that her voice changes into a whiny tone at every emotional pinnacle.

Jake Gyllenhaal was hunky and cute, but I adore his sister twice more. Haven’t seen “Secretary” (2002)? Great quirky-kinky movie. (Rated R for strong sexuality, some nudity, depiction of behavioral disorders, and language.) First and best Maggie movie yet!

わたしは「可哀相な現実逃避タイプ」

January 29, 2006

友人クリスのブログ上で勧められたとおり、辛口性格診断を受けてみました。

結果: 夢をみるのも悪いことじゃないけど…あなたは現実逃避タイプです。

ええぇ?!

まさか…そんなことありえないわ。…と思ってるそばから可哀相な現実逃避タイプなのでした。恐怖の永遠ループ!診断結果いわく:「今のあなたはどうしようもない悪循環にはまっています。いわゆる「どつぼ」って言うやつです。」アイタター!ぴったし!!

むしろ可哀相なのは『殿』のほう。ちなみに彼は、激レアモノの「唯我独尊タイプ」だそうな。 皆さまもぜひお試しあれ。

銀座散策

January 29, 2006

いままで渋谷と吉祥寺と新宿以外にはあまり足を運ばなかった私が邪道でした。東京をナメてました。

こんな街並みが東京にもあったのか、とホレボレ。骨董品さながらの風格が逆に新鮮に感じられた。特に中央通りから外れた場末の珈琲専門店など…。メチャクチャ渋い。感動的だ。一度は通り過ぎたが引き返して中の様子を伺い、さらにもう一度行ったり来たりしてから結局その場を辞した。将来もうちょっと品格を備えた人物になり得たら、おもむろに立ち寄りたいと思います。もちろん骨董品を扱う老舗や画廊も多数。

そもそも銀座に出かけたきっかけは安部田保彦画伯の「旅の絵画展」。

インド、モンゴル、世界のいろんな風景がこぢんまりとした月光荘画室IIに勢ぞろいで、二日通った。不思議にこころを奪われたのはインド・チェンナイで描かれた「教会と乞食」。その光と影がフィリピンのパラワン島を彷彿とさせた。強烈な陽光が教会をピンク色に浮かび上がらせていて、その前に黒ずんで描かれているのは乞食とオートリキシャーと排気汚染にひたすら耐え抜く街路樹。安部田さんにはたっぷり美酒と談話をごちそうになり、本当にありがとうございました。

銀座デビュー(!)二日目は、友人クリスとMariage Frères銀座本店で優雅なアフタヌーンティーを堪能。男の友達でこういうのに付き合ってくれるのって貴重だよね。クリスに感謝です。

で、カンジンの読書のほうが進んでいないのだ…。いつになったら『ドグラマグラ』に到達できることやら。

Mogwai

January 27, 2006

今日は代官山UNITにてMogwaiの日。二日目。最終日。

行きたいのはやまやまだったが、行きたい理由の80%が『殿』に由来する感傷的なものゆえ、一緒に行けないのなら意味がないので諦めた。

CDでは聴きなれた心地よいサウンドスケープ。ライブでどうやって音が作られるのか体感したいのもあったけど、わざとチャンスをやり過ごした。

さすが大都会TOKYOでは、行ったり見たり聞いたりすれば必ず精神のコヤシになる良質な音楽やイベントがそこらじゅうでいつでも開催されていて、それら一切に頓着せずまっすぐ自宅へ帰るのは非常に損した気分になる。

でもあんまり欲張れないしね。逃すチャンスとモノにするチャンスがお互い絡み合って生み出す偶然の重なりから、未来が漠然とたち現れてくる。だから逃すチャンスにも意義がある。

けれど最近ケチになりすぎていて、モノにすべきチャンスさえみすみす逃しているのではないか、ちと不安。やっぱり今夜は代官山に行くべきだったかな?

散り方

January 27, 2006

最近電車の人身事故が多い。

LDの株で多額の借金を抱えた人たちが苦悩の果てに壮絶な死を選んでいるのだろうか。日比谷線では借金返済関連の車内広告(税理士、弁護士事務所等)が目立つようになったような気もする。

私だったら死ぬしかない窮地に追い込まれたら夏は北海道、冬ならサン・パウロで死にたいなぁ。一方でスズランの甘い猛毒に頭も身体も犯されて、たおやかに死を遂げる図。他方では遊び狂った結果、痛みも分からぬほどの朦朧とした散り方を舌の付け根で味わう図。

しばらく先頭車両には乗らないようにと心配してくれる『殿』の言葉が妙に心に引っかかるので、最近は電車のまんなかあたりを陣取っている。それでも今日はクセで井の頭線の急行の先頭車両に乗ってしまい、ひたすら誰も死を望まないことを祈りつつ吉祥寺に向かった木曜日の夕暮れ。

* 『殿』とは水村美苗先生の「私小説~from left to right~」から無断で引用した言葉です。悪しからず…

Tokyo Unreal Estate

January 26, 2006

Finding an apartment in Tokyo is like a torrid and pathetic love affair. Hopeful renters flock to real estate agents’ offices and sift through pages after pages of resumes containing tantalizing words like “Will Bring in Lots of Sunlight,” “Quaint and Charming,” “Friendly and Sophisticated” — just like a dating service! And then you actually go visit that coveted studio not too far from Harajuku and discover the tackiest maroon-and-pink tile scheme EVER in the kitchen. You have to look long and hard to find your Only One.

Then reality hits hard: unreal prices.

Key money (2 months’ rent equivalent) + security deposit (2 months) + actual rent for the first month + rental insurance + real estate agent fee (1 month)

= a fortune!

I adore Sendagaya and would love to live there. I fell in love with a particularly swank studio near a publishing house — even prayed at the local temple to bring me good tidings! Nothing doing. My days of chasing after dream apartments are over. For the time being I’ll remain a “parasite single.” Sounds worse than a spinster!

Still reading Kyusaku Yumeno Complete Works Volume 2. Interesting to note that the entire book is a fierce and rigorous criticism of Tokyo written 80 years ago. I guess not much has changed since then. I must note with trepidation that if the Big Quake hits the Kanto area, we’ll have to start re-building this beloved corrupt city all over again.

迷い

January 24, 2006

ブログを始めて思ってしまったこと。

  • この世にゴマンとあるブログ上に日々書き溜められていく言葉、ことば、コトバ。それぞれの重さたるや如何ほどのものか?重複することばや理念や感情に、果たしてどれだけの意義があるというのか?

  • 要するにブログ=自己満足でしかないのか?

  • ブログ=情報提供

  • でもこれでは情報のタダ化が進む一方では?(だから活字を買う人が減る)

  • ってゆーか私日本語ばっかり書いてるじゃーん

  • ってゆーかもっとフツーのことばで書けないんだろうか

  • 試しに自己採点してみた[国語]センター試験はボロボロだったじゃーん!!

もしかして日本語の小説を読んでいるから日本語で書きたくなるんだろうか?

いやいや、迷ってなんかいませんよ、ちゃんとブログは続けますよ。

精神の輪郭

January 24, 2006

勤務先のインターナショナルスクールが冬休みに入ったのがちょうど一ヶ月前。約三十日間だらけきっていたというわけだ。

年末〆切が重なって、寝る間も惜しんで執筆活動(の真似事)に勤しんでいたのは事実。しかし、いったんダラケモードに入ってしまったらなかなか抜出せない。我ながら本当に腰が重いと思う。向上心がない。電車に乗っても寝てばかり。新聞もまともに読んでいなかった。

今日ようやく精神のピントが合ったのは、本を読み始めたから。

夢野久作全集2(ちくま文庫)、「街頭から見た新東京の裏面」。

黒を基調としたジャケットデザインが美しく、あまりに汚れやすそうなので、麻製のブックカバーまで購入しまった(@1,260 yen – definitely worth the investment.)

通勤電車で本の世界に浸る。過ぎていく時間がいとおしく、大切に使わなければと思わせる。本を読んでいない時、例えば犬の散歩中でも、おおらかですがすがしい気持ちは持続する。夢野先生の文章が私の周りの森羅万象をもかたどってくれたら、と願う。犬の遠吠えがカタカナで空気中に震えている(よう な気がする)。

どんな美酒よりも、小説は極上の酔い心地だ。

と、

毎回気づくのに、なぜもっと本を読まないんだろう?

It’s never too late to start the New Year.

January 23, 2006

It’s still January after all.

So I’m commemorating my (incorrigibly late) dawning of the New Year by starting a blog. The real test is how consistent and persistent I remain after the initial thrills of spilling my guts out in public.

I plan to write mostly in English, though I am prone to thinking in Japanese these days since I’m surrounded by not much else than the Japanese language. (Well, not true. I guess I do work at an international school full of gaijins.) So I guess that means I’ll write in both.

気長に、気楽にやっていけたらと思います。ご感想、ご叱責、怒りのデジタルビンタ等々、書き込んでいただければ幸いです。よろしくお願いします。

��