Archive for the 'Books' Category

“No Way!!”の森?

May 26, 2006

どういうわけか、読みかけだった「ノルウェイの森(下)」が、仕事場の書類の山の下から出てきた。(職場では比較的おかたづけしてるほうなんですけど。)

仕事が終わったあと、ポンギヒルズのワインバーでお一人様のくせに白ワインなんか飲んじゃったりしながら、約1時間半で読破した。ノルウェイの森(上)」はあんなに時間をかけて丁寧に文章ごと味わいなが ら読んでいたのに、(下)に突入するとともにほとんど流し読みしてしまった。ものすごいスピー ドで読んだため、ショッキングな箇所もものすごい速さで私の脳裏を通過した。しかし、あとでよくよく考えてみると、随分乱暴なストーリー展開だよなぁ!! と思わざるにはいられない。だって、いきなり死んじゃうし、すぐ寝ちゃうし。

小説の冒頭に表れる「ワタナベくん」の、透明で芯が堅くて、それでいて情が深い世界観はどこに行ってしまったのだ?そもそも一番最初のシーンで「ワタナベくん」はなぜドイツに向かっていたの?ドイツにいるであろう「現在のワタナベくん」に回帰しないまま終わっちゃったのも、ちょっと不可解。でもこの本の魅力はストーリーではなくむしろその空気感だから、特に季節の境目で、風がいつもに増して吹き荒ぶ日なんかには心地よい本だと思います。特に村上春樹氏個人についてもっと知りたい人には。

Advertisements

Missing

May 21, 2006

I’ve never had this happen to me before, but the book I’ve been reading has gone AWOL. I had enough of a hard time trying to finish up “Norwegian Wood” by Haruki Murakami: towards the beginning of the end when Murakami starts unravelling his mentally frail characters, I felt myself synchronizing with the mentally frail characters in a potentially dangerous manner. So, in a rare moment of sanity, I stopped reading the book for a while. And now, when the time has ripened for me to take it up again, the book is nowhere to be seen.

Why is it that I keep losing things these days, anyway? Am I becoming ditsier by the day?

Contrary to what many of my friends say about Murakami, I think he’s a fine, delicate writer. Perhaps the English translation does not do justice to his urbane, sensitive, suave-60’s sort of prose.

He was definitely worth the read — just not worth getting depressed over.

Has some godly (or ungodly) power deemed it fit that I don’t finish reading that book? I can’t quite make myself go on and start on another novel. Perhaps a nonfiction is easier to dive into at this point, but the book I’ve been meaning to read cannot be found in any bookstore I’ve been to in the past two weeks. Not that there aren’t other books at home I haven’t read — there are mountains of them — but I do like to feel a certain sense of connection and meaning between books. Like books calling to other books. Sort of like how power stones bring other stones together.

精神の輪郭

January 24, 2006

勤務先のインターナショナルスクールが冬休みに入ったのがちょうど一ヶ月前。約三十日間だらけきっていたというわけだ。

年末〆切が重なって、寝る間も惜しんで執筆活動(の真似事)に勤しんでいたのは事実。しかし、いったんダラケモードに入ってしまったらなかなか抜出せない。我ながら本当に腰が重いと思う。向上心がない。電車に乗っても寝てばかり。新聞もまともに読んでいなかった。

今日ようやく精神のピントが合ったのは、本を読み始めたから。

夢野久作全集2(ちくま文庫)、「街頭から見た新東京の裏面」。

黒を基調としたジャケットデザインが美しく、あまりに汚れやすそうなので、麻製のブックカバーまで購入しまった(@1,260 yen – definitely worth the investment.)

通勤電車で本の世界に浸る。過ぎていく時間がいとおしく、大切に使わなければと思わせる。本を読んでいない時、例えば犬の散歩中でも、おおらかですがすがしい気持ちは持続する。夢野先生の文章が私の周りの森羅万象をもかたどってくれたら、と願う。犬の遠吠えがカタカナで空気中に震えている(よう な気がする)。

どんな美酒よりも、小説は極上の酔い心地だ。

と、

毎回気づくのに、なぜもっと本を読まないんだろう?