Archive for the 'Fatness' Category

妊娠!?

June 8, 2006

仕事場である幼稚園は、あたりまえだけど母親だらけ。当然妊娠してる人もいるし、みんな一度は妊娠を経験しているわけだし、そういうことに関しては恐ろしく勘が鋭いらしい。

そんなわけで、今日の昼下がり、コピー室で遭遇したお母様二人組に前置きもなくズバッとやられた。

「ひなさんって、もしかして妊娠してます?」

私のどこがどう妊娠してるんスか???
カオむくんでる?
それともハラが出すぎ?

なにがなんだかよく分からないけどものすごくショーーックなんですけど!!

しかも、そう指摘してくれたのは正真正銘のお医者さんママ。 医学的にも個人的にも妊娠という生理現象を熟知しているワケで。でもそんなことはないはずなのだ。現在私はまったく正反対の生理(現象)中なのだ。

要するに太ったんだなっていう結論に達したとき、脳内に浮かんだ自画像はずばりミシェリンマン

michelin_man_1.gif

細い線

March 17, 2006

古い服を処分するとわかるのだけど、着るものの趣味がだいぶ変わった。大学院に入った頃と比べて随分マシになったと自負している。

以前はとにかく少女趣味だった。女っぽい、のではない。とことん花柄、ふわふわの、パステル系。それらが自分には一番似合うと思っていたのだが、むしろそういうイメージを自分に無理矢理あてはめようとしていたことに、最近やっと気づいた。

今の私はもっとずっととんがっているから、スカートよりもパンツスタイルのほうが多い。スポーティーカジュアルといえばそれはそれでカッコよさそうだけど、実のところはただのヨガ帰りのトレーニングパンツ+ユニクロフーディーだったりする。せめてジューシークチュールと行きたいところだけど、日本だと高いから無理。

そんなこの頃、「殿」に会いに行くために着る服を一着だけ新調したいと方々のデパートやらブティックを探し回っているのだが、惹かれるのはなぜかみんな「細い線」なのだ。

「線が細い」とは死んでも言われない体型である。きれいな体の線を目指して始めたヨガだけど、筋力が鍛えられてしまうため、既にふくらはぎあたりがゴツくなりつつある。そんな私が「細い線」で構成された極上の衣類を身に纏おうとも、スケールが違っておかしいかもしれないのだが、せめて「細い線」を着ていれば少しは自分の体に対して鬱積している劣等感をガス抜きできるんじゃないか、とも思う。

着ているもので、気分も性分も確実に変わりうると思う。あえて自分がみじめに見える(と思う)ものを着ているより多少は値が張ってもホレボレするものを大切に着る。そこらへんに服魂が宿るのだと思う。

「細い線」を着こなす、そういう人間に私はなりたいのだけど。
「殿」のように。